A foodstuff of SUMMER

AWABI-Steak

夏の伊勢志摩「アワビステーキ」

言わずもがなの「活き造り」それを凌ぐとも言われる「ステーキ 肝ソース」。
かの志摩観の高橋シェフの現役時代の口癖が「火を通して新鮮、形を変えて自然」だった。
伊勢門もかくの如くありたい。
先人に脱帽である。

今月の食材画像(さざえ)

A recommendation menu of SUMMER

AWABI

美味し国が誇る食材「アワビ」

美味さの秘密は「海の育み」にある。
熊野山系から養分をたっぷり含んだ水が幾千もの河川を経て温暖なリアス式海岸の黒潮と混ざる。
栄養に富む海がプランクトンを育む。そのプランクトンが海藻を育み、アワビが海藻を食して育っていく。

今月のおすすめメニュー画像